スケジュール管理は手帳を使う

バナー

スケジュール管理は手帳を使う

ビジネスで成功するためには、自己管理を徹底しなければなりません。その中で最も重要なのはスケジュール管理です。

多角的な視点から4meeeの欲しい情報が手に入りました。

スケジュールは手帳に書いていくのがおすすめです。



手帳を使っている人に行われたアンケートでは、80%以上の人がスケジュール管理を目的に持ち歩いています。



流行に敏感なビジネスパーソンにはiPhoneなどスマートフォンのアプリの流行りを良く知っており、その中にスケジュール帳があるにも関わらず、手帳を選んでいます。

手帳を使うメリットは、書いた内容を忘れないことです。

手書きで文字を書けば記憶に残りやすく、書き残したものがおおまかな内容でも、筆跡からその時の状況をイメージしやすく詳しいことまで把握できます。


また全体の予定を見ることもできます。


手帳はページをめくるだけで次の日や来月分まで見られます。
仕事によっては1ヶ月単位で予定を組まなければならないので便利です。アプリなどデジタルを通すと、操作が面倒でなかなか使い勝手の良いものに出会えません。
長期的な予定を立てたり、過去の動向を客観的に分析するのは手帳にしかできません。

さらに良いアイデアが浮かんだら手帳にメモする人が60%もいます。

文字だけでなく絵や図形を加えることで頭の中のイメージを整理します。人は文字など手書きの情報を見るとそこから得られるインパクトが大きいので、メモの内容を最大限に活用できます。
スマートフォンを使った方が置き忘れる心配はありませんが、手帳の方がクリエイティブな仕事ができます。