ファイル共有の利便性

バナー

ファイル共有の利便性

ファイル共有とは、パソコン上のあるファイルをネットワークに公開することでネットワークに接続している他のパソコンからも内容を閲覧、編集などが可能となるものです。

この方法を利用すればさまざまな作業で利便性が向上します。



例えば、ある資料を他のパソコンを操作している人に配布するとします。

配布対象が数人程度ならば資料データの入っているCDやUSBメモリを直接パソコンに挿入してデータを配布することも可能ですが、数十人規模以上になってくるとその作業だけで多くの時間が消費されます。

そこで、この共有を利用すれば他のパソコンを操作している人が、そのデータをコピーするだけでデータの配布はすぐに終わります。

また、グループで一つのドキュメントを編集したい場合にも利便性を発揮します。


大きな文書やデータベースの作成となると通常は多人数で同時進行させることが多いです。

今、注目のNAVERまとめの有益情報を見つけよう。

しかし、他の人が作成したデータをまとめなければならない作業が発生します。
うまく仕事の分散ができていればよいですが、できていなかった場合にデータをまとめるだけで人員が必要となることも少なくありません。
ここでも、ファイル共有が非常に便利になります。
ある文書やデータベースを多人数が同時に編集することができるようになるため、データをまとめる作業は必要なくなります。



このような利用方法だけでなく、他にもファイル共有は多くの場面で有用となります。

特に、多くのパソコンを利用した作業では重宝されることでしょう。